猫は人間と眠りたい!?猫がベッドに入ってくる3つの理由


猫は人間と眠りたい!猫がベッドに入ってくる3つの理由

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

目を覚ますと、猫がベッドの中に入っていた!

 

この様な経験をされた事がある

飼い主さんは多いのではないでしょうか?

 

この行動には、きちんとした理由があります。

 

今回は、猫は何故、人間のベッドの中に入ってくるのか、ご紹介します。

スポンサーリンク

 

猫がベッドに入ってくるのはどんな場所より快適・安心

人間のベッドに入る猫は、

家の中で一番暖かい寝床は、人間のベッドの中と思っています。

 

特に、冬の寒い時期には、ベッドに入りたがります。

 

猫は、掛布団と人間の間に、

わずかに出来た隙間から入り込み、

暑くなったら、外へと出ていきます。

 

つまり、人間がこたつに入るのと同じ感覚です。

 

一方で、安全の確保が挙げられます。

 

これは「多頭飼い」「騒音が激しい地域で暮らしている」等、

何かしらの危険を猫が察知した場合に考えられます。

 

体の小さな猫達は、優しい飼い主さんを頼りにしています。

 

その為、

「他の猫にいじめられた」「大きな音がした」等、

怖いと感じた時、ベッドに潜り込む事があります。

 

 

これは、小さなお子さんが、

親の布団に潜り込む事に、少し似ていますね。

スポンサーリンク

猫がベッドに入ってくるのは甘えたい証拠

ベッドの中で甘える猫の多くは、

飼い主さんが多忙な家庭で暮らしています。

 

「あまり遊んで貰えない」

「甘えても、あまり構ってもらえない」等、

猫の甘えん坊な一面を満たしてあげていない可能性があります。

 

その為、飼い主さんが眠りにつく頃、さり気無くやってきて、

「腕枕」「同じ枕を使う」等して、

満たされない愛情を、補おうとしているのです。

 

 

また、溺愛されている猫にも、

この様な行動が見られます。

 

溺愛の種類には、

「一日中、側にいる」

「わがままを沢山聞き入れる」等が、

挙げられます。

 

 

この場合、

飼い主さんを母猫と勘違いしており、

親離れ出来ていない可能性があります。

 

最後まで、その猫、1匹のみを飼い続けるのであれば、

飼い方の1つとして良いでしょう。

 

 

しかし、「多頭飼い」「お子さんがいる」

「他の動物を飼う(犬やフェレット等)」等、

愛情を向ける対象が他にもある場合は、

きちんと距離感を取る必要があるので、注意が必要です。

 

猫がベッドに入ってくるのは食事のおねだり!?

「寝よう!」と、ベッドに入った時、

猫は「猫用ベッド」「人間用ベッドの足元」等、

あまり人間の目が届かない場所で寝付いていたけど、

目覚めた時、枕元に猫がいる場合、

「食事を下さい!」「遊んで下さい!」等、

おねだりしている可能性が高いです。

 

飼い主さんが、起きる時間が分かっている猫は、

その時間に合わせて、飼い主さんの枕元へ移動します。

 

かく言う、筆者の飼い猫も、この行動を取ります。

朝、目覚まし時計が鳴ると、

私の耳元で「ゴロロン、ゴロロン」と、喉を鳴らして、

食事のおねだりをします。

 

「この行動を取られる事が嫌!」

という飼い主さんは、

猫がこの行動を取る度に、

無視をしていれば、自然としなくなるでしょう。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ