【愛嬌のある猫】セルカークレックスの性格と特徴


【愛嬌のある猫】セルカークレックスの性格と特徴

neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回はセルカークレックスの性格とその特徴について、

説明します。

スポンサーリンク

 

セルカークレックスの由来

 

レックスにはコーニッシュレックス、デボンレックスといった先輩たちがおりますが、

セルカークレックスは彼らとはまた違った遺伝子で生まれた巻き毛の猫です。

 

三種のレックスのなかでも最も厚みのある被毛は、

「まるで羊のようだ」とも表現されます。

 

 

セルカークの起源は、1987年にアメリカはモンタナ州になる、

ペット保護施設でうまれた一匹の猫に始まります。

 

ヒゲも被毛もくるくるとカールした巻き毛のメス猫でした。

 

この猫はペルシャのブリーダーに引き取られ、

交配を重ねていくと、巻き毛が優性遺伝であることがわかりました。

 

その後はアメリカンショートヘアなどと交配を重ねながら、

現在のセルカークレックスにいたります。

1990年にはには新種として公認を受けた、最も新しい巻き毛の猫種です。

スポンサーリンク

セルカークレックスの特徴

セルカークレックスの特徴は、

何をおいても厚みのあるふかふかとした巻き毛が、

いちばんの特徴といえるでしょう。

 

全体的にボリュームがあり、

柔らかく、毛羽立てた織物のような手触りです。

 

なかでも胸元のカールがもっとも強くあらわれるため、

ロングヘアになるとライオンのたてがみを思わせる襟元にまでなります。

体型はどっしりと重量感のある、セミコビータイプです。

 

アメリカンショートヘアの影響なのか、

丸顔でころころしたルックスは「まるでぬいぐるみのようだ!」といわれています。

 

セルカークレックスの性格

セルカークレックスは、ふわふわとした外観どおり、

性格も愛嬌があって人なつこいケースが多いです。

 

遊び好きなため体を激しくつかった運動を好みます。

ながめても楽しく、一緒に遊んでも愛らしい、ペットとして優秀な猫種といえるでしょう。

 

セルカークレックスを飼う際の注意点

選ぶ際には、毛質が硬めでウェーブがしっかりしている個体を選びましょう。

 

筋肉質でがっしりとしたボディの活発な猫のため、

充分に運動できるスペースが必要です。

キャットタワーや登り棒、家具の配置などに気を使いながら

運動スペースをつくりだしてあげましょう。

 

運動不足になるとストレスがたまってしまうため要注意です。

 

 

ビロードのように弾力をもつ、

なめらかなコートをあつかうときには、若干ながら注意が必要です。

 

朝夕に合計2回のブラッシングと、長毛種の場合は、コーミングを追加しましょう。

それに加えて、長毛種は月に一度程度シャンプーの機会を設けるとよいでしょう。

 

このようにこまめなグルーミングが必要な猫種でありますが、

チャーミングなカーリーヘアを伸ばしてしまわない程度にとどめておく塩梅が、難しいところです。

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ