【わがままで甘えん坊な猫】バリニーズの性格と特徴


【わがままで甘えん坊な猫】バリニーズの性格と特徴

neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回はバリニーズの性格とその特徴について、

説明します。

スポンサーリンク

 

バリニーズの由来

 

バリニーズは、シャムの突然変異として時折生まれていた、

長毛種を品種として確立した猫です。

 

以前は毛の長い突然変異のシャムは価値がないと言われ、

ほとんどが家庭用のペットとして安価で売り払われていました。

 

しかし、1950年代にアメリカのブリーダーであるドーシーとスミスが、

その美しい姿に惚れこみ別の種類として独立させようと尽力したため、

現在はバリニーズという品種として確立しています。

 

 

はじめはロングヘアー・シャムという名前でしたが、

ショートヘアのシャムのブリーダーから反対されため、

別の名前をつける事になりました。

 

バリニーズという名前は、

シャム特有の優雅な歩き方と長い毛のゆらゆらと揺れる動きが合わさることで、

バリ舞踏のダンサーの魅惑的な姿を思わせることから付いた名前です。

 

ですのでバリ島の猫との血統はありません。

原産地はミャンマーです。

スポンサーリンク

バリニーズの特徴

バリニーズの外見的特徴は、

シャムが長毛になったというだけで他はほぼ同じです。

 

シャムの長毛種とされてはいますが、

実際はそれほど毛は長くなく、セミロングよりもやや短い程度です。

尻尾の毛は特に長くなっていて、

毛並みはふさふさと柔らかな感触です。

 

 

丸く筒状で長いオリエンタルタイプの体で、

全体的にほっそりとしていますが筋肉質です。

耳は大きく広がった形をしています。

 

顔、耳、四肢、尻尾には特徴的なポイントカラーがあります。

瞳の色はサファイアブルー以外は認められていません。

 

平均体重は3から4kg、平均寿命は10から13年といわれています。

 

バリニーズの性格

バリニーズの性格はシャムと似ていて、わがままで甘えん坊な性格が多いです。

人間好きなため、あまり人見知りもしません。

 

ですが、少し神経質な面を持ち合わせているので、

気を遣ってあげましょう。

 

バリニーズを飼う際の注意点

優雅な見た目ですが、運動量は多めです。

甘えん坊ですので、一緒に遊んであげてコミュニケーションをとるととても喜びます。

 

あまり構ってあげられない場合は、

広い場所を用意して十分に走り回れるようにしてあげたり、

上下運動が出来るようキャットタワーを設置してあげると良いでしょう。

 

 

また、バリニーズは長毛種ですので、

1日1回のブラッシングとコーミングは欠かさないようにしましょう。

毛は長いですが、若干寒さに弱い傾向があります。

 

 

毛のツヤを保つためにも栄養のあるものを食べさせたいですが、

元よりスレンダーな体型なので食事の与えすぎには注意しましょう。

 

バリニーズはシャム同様、発症する可能性のある遺伝性疾患が非常に多いです。

平均寿命が10から13歳になるなど長寿の猫ですが、

元々持っている病気の素因は高齢になると現れやすくなります。

 

中高齢以上になったら小さな変化も気に留め、早めに病院へ連れて行きましょう。

 

その他にも、甘えん坊過ぎて精神的に弱い場合も多く、

留守がちになると不安感からストレスを感じてしまうこともあります。

 

なるべく一緒の時間を過ごしたり、

もう1頭一緒に飼ってあげるなど工夫してあげる必要があります。

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ