猫が毎日くしゃみをする原因は?考えられる病気5つ&治療法



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

 

も人間と同様に、生理現象としてくしゃみをします。

 

クシュン!と1回だけなら心配はありませんが、

毎日のようにくしゃみが続く場合、

猫が何らかの病気にかかっている可能性があります。

 

今回は、猫のくしゃみが止まらなくなる5つの病気と、

それぞれの治療法について解説していきます。

スポンサーリンク

 

普通のくしゃみと危険なくしゃみ、見分ける方法は?

猫も人間と同じように、鼻がムズムズするときはくしゃみをします。

 

人間は首を縦に振り、猫は首を横に振ってくしゃみをするという

違いはあるものの、くしゃみには共通して

鼻の中に入ってきた異物を取り除く働きがあります。

 

そのため、猫がときどき、数回だけくしゃみをする場合は

単なる生理現象と考えて問題はありません。

 

しかし、猫のくしゃみがなかなか止まらず、何日も続くようなときは、

猫の体に何らかのトラブルが起こっている可能性があります。

 

  • 猫が繰り返しくしゃみをする
  • くしゃみが何日も続く
  • 鼻水や目やに、食欲の低下が合わせて見られる

 

こんな症状が出ているときは、ただのくしゃみだろうと放置せず、

獣医師の診察を受けるようにしてください。

スポンサーリンク

猫のくしゃみが止まらなくなる5つの病気

では、具体的にはどういった病気が原因で

猫のくしゃみが止まらなくなるのでしょうか?

ここでは、考えられる5つの病気について解説していきます。

 

1.鼻炎・副鼻腔炎

ウイルスや真菌への感染が原因となって鼻炎や副鼻腔炎が起こり、

猫が何度もくしゃみをするようになることがあります。

鼻水が出るほかに、結膜炎や角膜炎を併発することも。

 

2.猫エイズウイルス感染症(FIV)

猫がほかの猫とケンカしたり、交尾したりすることで

ネコ免疫不全ウイルス(FIV)に感染し、

くしゃみを繰り返すようになることがあります。

 

家の外に出られる放し飼いの猫は、

特に感染するリスクが高くなっています。

 

3.猫カリシウイルス感染症(FCV)

猫カリシウイルスに感染することで起こる、

いわゆる猫風邪の状態です。

 

くしゃみのほかに口内炎や舌炎といった

口の中の異常が見られることも。

 

4.猫ウイルス性鼻気管炎(びきかんえん)

猫ヘルペスウイルスへの感染が原因で猫ウイルス性鼻気管炎が起こり、

猫のくしゃみが止まらなくなるケースがあります。

結膜炎や角膜炎など、目の異常を伴うことが多いとされています。

 

非常に感染力の強いウイルスのため、

感染した猫の扱い方には注意が必要になってきます。

 

5.猫クラミジア感染症

猫クラミジアという細菌に感染することで鼻炎が起こり、

猫がくしゃみをするようになることがあります。

通常は片目の炎症から症状が始まり、ネバネバする目やにが出ることも。

 

生後2~6か月齢の子猫がかかりやすいとされています。

猫のくしゃみが止まらない……どんな治療をするの?

猫のくしゃみが続く場合には、獣医師の診察を受ける必要があります。

最後に、上で紹介した病気ごとに治療法を紹介していきます。

 

鼻炎・副鼻腔炎の治療法

炎症の原因となっているウイルスや真菌を、

抗生物質抗真菌薬を用いて退治していきます。

 

重症化していて猫が呼吸困難に陥っている場合には、

ネブライザーと呼ばれる吸入器を使って薬剤を患部に噴霧することも。

 

猫エイズウイルス感染症(FIV)・猫カリシウイルス感染症(FCV)・猫ウイルス性鼻気管炎の治療

これらの病気には特効薬が存在しないため、

基本的に対症療法をとることになります。

 

抗生物質などを投与して症状の改善を図るほか、

インターフェロンを投与して免疫力を高めていきます。

 

猫クラミジア感染症

原因となっている細菌に効果のある抗生物質

点眼剤や点鼻剤などで投与していきます。

 

免疫力に問題がなければ、2~6週間で完治するでしょう。

 

 

実はさまざまな病気のサインだった、猫の止まらないくしゃみ。

くしゃみが何日も続いたり、

鼻水や目やにといった症状が合わせて見られるときは、

早急に動物病院を受診するようにしてくださいね。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ