【水を怖がらない猫】ターキッシュバンの性格と特徴


【水を怖がらない猫】ターキッシュバンの性格と特徴

neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回はターキッシュバンの性格とその特徴について、

説明します。

スポンサーリンク

 

ターキッシュバンの由来

ターキッシュバンのルーツは、1955年にトルコ南東部にあるバン湖で、

イギリス人の観光客が、泳いでいる猫達を発見しました。

 

水が苦手と言われる猫ですから、泳いでいるなんてびっくり仰天ですよね(笑)

 

イギリス人はその猫達の中から2匹を自国に持ち帰りました。そしてイギリスで繁殖が始まりました。

その後1982年には、アメリカでも繁殖が始まったのです。

 

頭部と尻尾以外は白という特徴的なパターンを持ち、これはバンパターンと言われています。

 

1995年にはCFAに公認され、見事ターキッシュバンは、品種として登録されました。

 

 

WCFで公認されている短毛のターキッシュバンは、

アナトリアン(“アナトリア”という、トルコの昔の名称からきてる)や、

ターキッシュショートヘアーと呼ばれていて、

オランダやドイツでブリーディングがさかんに行われています。

現在は世界中で愛される猫になりました。

スポンサーリンク

ターキッシュバンの性格と特徴

ターキッシュバンの特徴は、

バンカラーと言われる頭部と尻尾以外は真っ白というパターンで、

これがターキッシュバン最大の特徴になっています。

 

被毛は長いシングルコートで、冬にはふさふさで夏場は短くなります。

季節によって長さが変わる被毛というのも、特徴的ですよね。

 

また、この被毛は長さが変わるだけでなく、防水性に優れています。

 

“スイミングキャット”という異名からも分かる通り、

他の猫に比べて水を怖がらない性質を持っています。

 

 

大きさ的には、オスの体重が6キロ前後、メスは5キロ前後です。

これは一般的な猫よりも大きめです。

 

ちなみに、ターキッシュバンの中には、

9kgを超えるような大きな個体も存在します。

 

平均寿命は、14~16歳ほどで、平均より長めの寿命です。

 

 

性格面では、愛情深く、比較的おとなしい子が多いです。

ただし、長時間のふれあいは苦手なようです。

 

ターキッシュバンを飼う際の注意点

ターキッシュバンは体が大きいのですが、運動量も多い種類です。

しっかりと運動できるような環境を整えてあげましょう。

 

しかし体重が重いので、

キャットタワーなどを置く場合は、

しっかりと安定しているものを置くようにしましょう。

 

また、水を怖がらない性格からか、

トイレの水を勝手に流したりする、いたずらっ子も居るようです。

その場合は、トイレに何かしら対策をしましょう。

 

 

美しい被毛を維持するために、

1日1回のブラッシングを行うことが推奨されます。

 

 

ターキッシュバンが掛かりやすい病気は、特にありませんが、

白くて青い目をもつ猫は聴覚に異常が起きやすいとされますので、

耳はよく観察して異変が見られたら病院で検査を行いましょう。

 

また、狭いところや過度のふれあいは好みませんので、

ある程度自由にさせるのが大切です。

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ