【活発な巻き毛の猫】デボンレックスの性格と特徴


【活発な巻き毛の猫】デボンレックスの性格と特徴

neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回はデボンレックスの性格とその特徴について、

説明します。

スポンサーリンク

 

デボンレックスの由来

デボンレックスのルーツは、1960年代のイギリスにあります。

 

デボンシャー州に住むべリル・コックスという女性が、

近所で見つけた巻き毛のオスを、

自宅で飼育していた猫と交配させました。

 

その結果生まれた子猫の一匹が、

父親猫の巻き毛の特徴をしっかりと受け継いでいました。

 

その子猫はカーリーと名付けられ、

これが後のデボンレックスの始祖です。

 

 

ちなみに、コーニッシュレックスとも交配を試みたのですが、

巻き毛の猫は生まれませんでした。

 

そのため、コーニッシュレックスとデボンレックスの巻き毛は、

遺伝子の系統が異なると言われています。

 

見た目もコーニッシュレックスに似ていますが、

デボンレックスの方ががっしりしています。

 

デボンレックスは、1979年にCFAに公認されています。

スポンサーリンク

デボンレックスの性格と特徴

デボンレックスの特徴は、その巻き毛です。

 

同じ巻き毛のコーニッシュレックスと比べると、

少しその巻き具合は、デボンレックスの方が緩やかです。

 

また、被毛はアンダーコートのみの、シングルコートになります。

手触りビロードのような質感で素晴らしいです。

 

 

面白いことに、デボンレックスのウェーブの度合いは、個体ごとに異なっています。

毛むくじゃらな個体から、薄いスウェードのようなコートまで様々で、

バラエティーに富んでいます。

 

 

鼻は少し上向きで、顔は小さめですが、耳は大きいです。

 

体重は、オスで3.4~4.5kg、メスで2.5~3.5kgほどなので、

平均的な猫の体重よりも軽めです。

 

平均寿命は13~15歳で、平均的な猫と同じくらいになります。

 

デボンレックスの性格は、とても好奇心が旺盛で活発です。

鳴き声も小さいので集合住宅でも飼いやすい種類です。

 

デボンレックスを飼う際の注意点

デボンレックスは非常に運動量が多く活発ですので、

上下運動ができるようなキャットタワーなどを用意して、

運動がたっぷりできるような環境を整えてあげましょう。

 

また、おもちゃなどで遊ぶのも好きですので、用意してあげたら喜びます。

 

ストレスをためると、カーペットをボロボロにしたりなどのいたずらをするかもしれません、

いたずら防止のためにもストレスはためないようにしましょう。

 

 

デボンレックスがかかりやすい病気としては、

肥大性心筋症があげられます。

これは心臓の病気で、心臓の壁が厚くなり心臓に血栓ができやすくなります。

 

呼吸が荒くなり、呼吸困難に陥ることもあります。

こうなると早急な治療が必要になります。

異変がみられたらすぐに病院につれていき適切な処置をしてもらいましょう。

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ