猫のベッドをおしゃれに見せたい!知るべき4つのポイント



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

ペット用のベッドを置いていると、

どうしても生活感が出てしまうデザインの物が多いです。

 

また、おしゃれなデザインのベッドを選ぶと、

どうしても価格が吊り上がってしまうと、お考えの方も多い事でしょう。

 

しかし、おしゃれなベッドを選ぶポイントを心得ておけば、

決して、高額のベッドを買う事は無いのです。

 

今回は、おしゃれなベッドを選ぶ上で、抑えておくべきポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

ソファ型ベッドはクッション部分のデザインを重視しましょう!

ソファ型ベッドとは、

ベッドとなる土台の上にクッションが置かれている仕様のベッドです。

 

店頭やネット通販などで、展示されている際、

あなたは何処に着目していますか?

 

多くの方は、ベッドを見ています。

 

 

また「○○色のベッドが欲しい。」等と、

店員さんに伝えると、

ベッド部分が○○色のベッドを持ってきます。

 

しかし、生活する上で、

猫のベッドは大抵、足元に置かれています。

 

つまり、

飼い主さんが目にしているのは、

ベッド部分ではなく、クッション部分という事になります。

 

その為、クッション部分が、

「粗末」「趣味では無い」「インテリアに合わない」等、

不満な要素があると、生活感が出てしまうのです。

 

 

選び方のポイントとしては、

猫用ベッドと同室にある、

「クッション」「枕」「ソファ」「布団」等、

近い素材の物と同系色のクッションを選ぶと、

部屋に統一感が出て、おしゃれに見えます。

スポンサーリンク

ドーム型ベッドは家財道具に合わせましょう!

猫用ベッドをおしゃれに魅せるのに、

うってつけのベッドは、ドーム型です。

 

 

このタイプは、

ベッド全体を覆ってしまう為、

お部屋に合うベッドを見付けてしまえば、

余計な手間を掛ける必要がありません。

 

 

しかし、

店頭やネット通販で見た時は素敵に映ったけれど、

部屋に合わないという声を多く耳にします。

 

これは、部屋に合っていないのではなく、

「本棚」「箪笥」「テーブル」等、

家財道具に合っていないのです。

 

例えば、ガラステーブルが置かれているリビングに、

木製のベッドを置いたところで、

違和感が出るのは必然です。

 

ガラステーブルの場合、

テーブルの脚はステンレス製の物が多いです。

 

その為、この場合は、

ステンレス製の脚が付いたベッドがオススメです。

 

 

また、ドーム型のタイプは、海外製の商品が多いです。

つまり、

何処か1部分で良いので、

共通の箇所がある物を選ぶ事で、オシャレに魅せてくれます。

 

キャットタワーは上級者向け!

猫が喜ぶから、

キャットタワーを購入したものの、部屋に合わず、

心なしか部屋の雰囲気から浮いている事は無いでしょうか?

 

 

これも、ドーム型同様、家具と合っていない為です。

 

また、キャットタワーはドーム型とは違い、

サイズが大きいです。

 

その為、部屋に合わせる事が難しくなります。

 

 

しかし、キャットタワーも、

インテリアとしておしゃれに合わせる事が出来ます。

 

それは、

キャットタワーの「布部分」「クッション部分」を、

「ソファ」と合わせるだけです。

 

 

日本で売られている多くのキャットタワーは、

布を張り、作られています。

 

その布と、「ソファの色」

または「布の種類」を合わせる事で、

部屋に統一感が出て、

特徴の無いキャットタワーが、素敵に見えます。

 

 

部屋をおしゃれに見せる際、

大きい家具は同系で合わせる事は必須条件です。

 

 

キャットタワーは、家具の中でも、

上位にランクインする程、大きなサイズです。

 

言い換えれば、

部屋の印象を与える上で、

大きな役割を持つと家具と言えます。

 

ベッドをおしゃれに見せるには、

機能性ではなく、

「デザイン性」または「家具との統一感」

を、重視して選ぶ事をオススメします。

 

「とりあえず」という気持ちで買ってはいけない!

これは、どの様なタイプのベッドにも言えます。

 

使っていたベッドが使えなくなり、

良い物が見つかるまで、

とりあえず、買っておこうという考えは良くありません。

 

とりあえずで購入した物は、大抵、そのまま使われます。

 

 

それを見て、

 

「おしゃれじゃない。」

 

と、話す方は大勢います。

 

かくいう、私もその1人でした。

 

 

しかし、とりあえずで購入した物でも、

1000円からの値が付いています。

 

それ程気に入っていない物に、お金を使うのであれば、

缶詰やドライフードを買ってあげた方が、

猫はよっぽど喜びます。

 

お気に入りのベッドが見付かるまでは、

とりあえず、余っている「布団」「毛布」「タオル」等を、

使う方が賢い選択でしょう。

 

 

猫は、人間が思う程、おしゃれなベッドを欲しがっていません。

清潔で快適な自分の空間があれば、

猫は喜ぶ生き物です。

 

飼い主さんが、ベッドを探している期間くらいは、

猫も待っててくれるので、

本当に気に入ったデザインの物が見付かるまで、

買う必要は無いと、私は思います。

 

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ