去勢手術を受けた猫は性格が変わる!?術後に見られる3つの変化



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

「去勢・避妊手術を受けた猫は性格が変わる」

という話を聞いたことはありますか?

 

実は、手術によって

猫の心には大きな変化が起こると言われているのです。

 

今回は、

去勢・避妊後の猫に見られる3つの性格の変化

について解説していきます。

スポンサーリンク

 

なぜ猫の去勢・避妊が必要なの?

猫を去勢・避妊する不妊手術は、

最近ではほとんど常識になりつつあります。

 

「健康な猫の体にメスを入れるなんてかわいそう」

と感じる人もいるかもしれませんが、

猫を去勢・避妊することは、無計画な繁殖を防ぐだけでなく、

病気の予防ストレスの緩和にも効果があるのです。

 

去勢・避妊手術の具体的なメリットとしては

  • 生殖器の病気を予防できる
  • 交尾によって感染する病気を予防できる
  • 繁殖への欲求がなくなり、性的ストレスから解放される
  • 外に出たがらなくなるため、交通事故やケガを防げる

といったものが挙げられます。

 

 

また、飼い主にとってのメリットとしても

  • ほかの猫に対する攻撃性がなくなる
  • 尿スプレーによるマーキングをしなくなる
  • 発情期特有の鳴き声がなくなる

といったものがあります。

 

猫を繁殖させる予定がない場合には、

お互いのためにも不妊手術を受けさせる必要があると言えるでしょう。

スポンサーリンク

去勢・避妊手術を受けた猫は性格が変わる!?

猫が去勢・避妊手術を受けると、

性格が変わると言われることがあります。

ここでは、代表的な3つの変化について紹介していきます。

 

1.大人しくなる

去勢・避妊手術を受けることで、

猫から活発さがなくなることがあるようです。

 

これは去勢・避妊によって繁殖への欲求が失われ、

性欲を発散するために走り回る必要がなくなったからなんだとか。

 

もともとマイペースなメス猫よりも、

やんちゃなオス猫で顕著に見られる変化だと言われています。

 

2.甘えん坊になる

子孫を残そうという欲求がなくなった猫は、

繁殖の相手となるほかの猫への関心がなくなり

より身近な存在である飼い主を意識するようになるとされています。

 

同時に、去勢・避妊によって性ホルモンが分泌されなくなることで

精神的にも甘えん坊な子どものまま成長しない傾向があるようです。

 

3.食欲が旺盛になる

去勢・避妊手術後の猫は、

術前よりも食欲が旺盛になると言われています。

それまでは普通だった猫が、一転大食漢になることも。

 

術後の猫は体質的にも太りやすくなっているため、肥満には注意が必要です。

 

去勢・避妊手術後の猫にこんな様子があったら要注意!

去勢・避妊手術を受けた後の猫は、

麻酔や切開といった手術そのものの負担や、

病院で過ごしたストレスなどから体力を消耗しています。

 

数日で元通りの様子が見られた場合は心配ありませんが、

元気のない状態が長く続いたときは、

猫が抑うつ状態に陥っている可能性があります。

  • 食欲がない
  • 遊びに無関心になる
  • グルーミングなどの身繕いをしない

といった症状が2週間以上続いたら、

信頼できる獣医師に相談するようにしてください。

 

もともとの性格が神経質だったり、怖がりだったりする猫が

去勢・避妊手術を受けた場合には、

術後の様子には特に気を配る必要があるでしょう。

 

猫が病院で過剰にストレスを感じないよう、

普段から病院という場所に慣れさせておくことも大切です。

 

 

多くの猫に起こる、去勢・避妊手術後の性格の変化。

猫の性質の変化に合わせ、

術後は飼い主も接し方を変えていくようにしてくださいね。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ