【温和でフレンドリーな猫】スフィンクスの性格と特徴


【温和でフレンドリーな猫】スフィンクスの性格と特徴

neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回はスフィンクスの性格とその特徴について、

説明します。

スポンサーリンク

 

スフィンクスの由来

毛のない猫で有名なスフィンクス。

実は生まれはカナダです。

 

1978年にカナダのトロントの夫婦に飼われていた猫が、無毛の子猫を産みました。

 

遺伝子の突然変異で誕生したこの猫は、

見た目の奇妙さから「映画ETのモデルになった」とも言われています。

 

 

セミフォーリンタイプのデボンレックスと交配され

筋肉質な体とレモン形の瞳を手に入れたスフィンクスは1980年代に

新しい猫の種類としてTICAに登録されました。

 

 

「スフィンクス」という名前から、エジプトの猫と思われがちですが、

名前の由来はエジプトの遺跡から発掘された猫の像にそっくりだったことから、

エジプトつながりでスフィンクスと名付けられるようになりました。

 

スフィンクスは無毛の猫と言われていますが、

実は体にうっすらと毛が生えており、色種類もたくさんあります。

 

なお、スフィンクスは珍しい猫ですので、

ペットショップなどで見かけることは、ほとんどありません。

スポンサーリンク

スフィンクスの特徴

スフィンクスの特徴といえば、毛のない体です。

 

完全に無毛というわけではなく、

表面には細かい毛が生えており撫でると、

ビロードのような手触りがあります。

 

また、体温が直に伝わりますので、

“温かい桃”との異名ももちあわせています。

 

スフィンクスの性格

奇妙な容姿のスフィンクスですが、

とっても温和でフレンドリーな性格の猫です。

 

一人で飼っても、家族で飼っても、

うまく適応できる猫といえるでしょう。

 

お値段は20万円から100万円と幅が広く、

お店ではほとんど見かけない猫種です。

 

もし、あなたが「スフィンクスを飼いたい!」と思っている場合は、

ブリーダーさんから直接購入するのが、一番確実な入手方法です。

 

個体としてのお値段も高いですが、

スフィンクスは毛のある猫ちゃんと比べて、

ケアが必要なことも飼う前に調べておきましょう。

 

スフィンクスを飼う際の注意点

スフィンクスは毛がないから、

シャンプーやブラッシングの必要はないと考えがちですが、

それは間違いです。

 

スフィンクスは毛がない分、

普通の猫よりもケアが重要になってきます。

 

ブラッシングが必要でなくても、皮膚から分泌される皮脂は、

汚れとなって皮膚病の原因なってしまいます。

 

最低でも一週間に1回は、シャンプーをしてあげる必要があります。

 

シャンプーする際は猫用のシャンプーよりも、

弱酸性のシャンプーを使用するのがおすすめです。

 

シワの間まで綺麗に洗ってあげましょう。

 

また、毛がないため気温の変化にはめっぽう弱いことも、

気にかけてあげなくてはいけません。

冬場などは室内をなるべく暖かく保ってあげる必要があります。

 

もちろん毛がないので、怪我にも注意する必要があります。

 

もし、スフィンクスを飼う場合は、

一生室内で飼うことを前提に購入しましょう。

 

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ