ダンボール製・猫用ベッドの魅力3選!!


ダンボール製・猫用ベッドの魅力3選!!

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

ダンボール製・猫用ベッドは、

今では、ペットショップだけでなく、

ホームセンターやスーパーでも、見掛ける様になりました。

 

ダンボールと聞くと、

「貧乏くさい」「一時的に使用する」等

負の印象を受ける方も多い事でしょう。

 

しかし、現在はデザイン重視のダンボールベッドも多くあります。

 

今回は、

ダンボール製ベッドの相場や扱い方、利点や欠点 等をご紹介します。

スポンサーリンク

 

オシャレなダンボールベッド続々!

一昔前の

ダンボール製・猫用ベッド(以下「ベッド」と表記)、

通販で買い物をした時に届くダンボールが分厚くなっただけ、

と、いう印象を受ける物が大半でした。

 

 

しかし、現在では、

インテリアとして飾れるデザインのベッドが、

一般的に売られています。

 

私の周りで、人気が高いベッドは、

外観が、バルーンの様な丸い形になる様、

何枚ものダンボールを重ね、

中を丸くくり抜いたベッドです。

 

 

このタイプのベッドは、ダンボールが分厚いので、

中は保温性に優れており、

寒がりな猫でも、安心して使わせる事が出来ます。

 

また、デザイン性が優れているので、

部屋の景観を損ねる事もありません。

 

 

しかし、近年のダンボール製ベッドは、

一般的な猫用ベッドより高価な物もあります。

 

 

デザインや機能が優れている分、

段ボールとは思えぬ価格の為、

購入前はご注意下さい。

 

 

ちなみに、

通販サイトにおける参考価格は、

2,500~9,700円の間が主流です。

スポンサーリンク

段ボール製ベッドは爪とぎと化す

段ボール製ベッドは、概ね、爪とぎとなります。

 

これは、今まで段ボールに爪とぎをする様、

教えていたお宅の猫に多く見られます。

 

ベッドとして使う猫は、少数派です。

それでは、どうしたら、爪を研がなくなるのでしょうか?

 

まずは、

今まで使用していた爪とぎを、

ベッドの横に置いて下さい。

 

またたびパウダーが付属されている爪とぎならば、

それをふりかけるのも良いでしょう。

 

またたびの香りをさせる事で、

猫はまたたびの木で

爪を研いでいる錯覚を起こすので、効果的です。

 

 

それでも止めない場合は、

普段、悪さをした時と同じ勢いで叱ってあげて下さい

 

ダンボールは、猫にとって爪とぎの道具です。

 

しかし、

それがベッドになってしまったのであるならば、

爪を研ぐ事は、

いけない事であると認識させる必要があります。

 

少し可哀想ではありますが、

そこは堪えて、猫に教えてあげて下さい。

 

それでも止められない場合は、諦めて下さい。

 

猫は犬と違い、

叱ったからといって、

反省をする動物ではありません。

 

喧嘩をしたくないから、

「目を逸らす」「姿を眩ます」「距離を置く」等の行為を取り、

人間が落ち着く瞬間を待っているに過ぎません。

 

 

ベッドの種類はダンボールだけではありません。

検討してみて下さい。

 

 

 

ダンボール製ベッドと通常のダンボールの違い

「ダンボール製ベッドに使用されているダンボールは、高級品に違いない!」

と、思っている方も多いかもしれませんが・・・。

 

実は、これらのダンボールに大きな違いはありません。

具体的な違いと言えば、「厚み」による「耐久性」位です。

 

 

しかし、

ここまで、ダンボール製ベッドをご紹介したにも関わらず、

最後の章で、それを覆す様な事は書きません!

 

ダンボール製ベッドの最大の魅力は「清潔感」です。

「通販」「ケース買い」等で、

手元に残った段ボールでベッドを作ってあげる事は、

愛情が籠っており、お財布にも優しい為、とても素敵な事です。

 

しかし、既に使用されたダンボールである事は変わりありません。

 

配送中、

  • 床に置いたり、
  • 何処の誰が発送したかも分からない荷物とくっ付いて、

自宅や店舗に運ばれてきます。

 

 

ダンボールは、あくまで、

ダンボールの中身を保護する為に使われているに過ぎません。

 

一方、

ダンボール製ベッドは、

猫がベッドとして使う事を想定して作られています。

 

つまり、商品としてダンボールを扱っている為、

保護用のダンボールとは、

手元に届くまでに扱われてきた環境が違っています。

 

 

「通常の段ボール」と「ベッド用の段ボール」、

貴方はどちらに心揺れましたか?

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ