【愛情深く優しい猫】バーマンの性格と特徴


【愛情深く優しい猫】バーマンの性格と特徴

neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回はバーマンの性格とその特徴について、

説明します。

スポンサーリンク

 

バーマンの由来

バーマンのルーツは、伝説的な話が残されて居ます。

 

例えば、バーマンは別名『ビルマの聖なる猫』という異名があります。

 

その昔、ビルマ(現在のミャンマーのこと)にあったラオツンという寺院に住んでいた白猫。

 

名はシンといいますが、

自分を世話してくれた僧侶が、戦争で亡くなってしまいました。

 

さて、白猫のシンは、亡くなった僧侶の遺体に飛び乗り、

体の色は金色に、目をサファイア色に、自身の身体を変化させたとされています。

 

こうして、白猫のシンは「ツン・キャン・クセ」という女神へ変化を遂げたのです。

ちなみに、この時の白猫のシンが、

何を隠そうバーマンの祖先という話なのです。

 

・・・と、こちらの伝説は、大分浮世離れした話になりますね(笑)

 

 

ちなみに、現実的な話では、

1919年頃にビルマからフランスに持ち込まれたメスのバーマン。

 

それが繁殖され、1926年にはフランスのキャットショーに出場したという記録が残っています。

 

第二次世界大戦後には、絶滅寸前になりましたが、

交配を重ねて1967年にCFA(猫登録協会)より公認を受けました。

スポンサーリンク

バーマンの特徴

バーマンの特徴は、四肢から先のソックス状の被毛です。

前足はグローブ、後足はレースと呼ばれています。

 

このソックス状の被毛は、

生後6週くらいから現れ始めます。

 

長くてとても手触りのいい被毛は、

もつれにくい性質で、アンダーコートが少ないダブルコートです。

 

サファイア色の瞳はとても美しく、

体はとても筋肉質でがっしりしています。

 

バーマンの性格

バーマンの性格は、

とても穏やかで、優しい性格の子が多いです。

 

 

また、甘えん坊で、認めた人にはぴったりと寄り添い、

とても愛情深いのも、バーマンの特徴です。

 

その愛情深さゆえに嫉妬深くもあります。

いたずらのようなことをしてきたりもしますが、

このいたずらは、ときに嫉妬のサイン・・・なんてこともあるようです。

 

バーマンの大きさですが、

オスは4~7kg、メスで3~4.5kgほどで、

他の猫と比べ、少し大きめと言えます。

 

平均寿命は13歳~15歳なので、平均的と言えるでしょう。

 

 

バーマンを飼う際の注意点

バーマンは非常に運動量が少ない猫なので、

高いキャットタワーなどは必要なく、あったとしても低めのもので十分です。

 

ただし、太りやすい体質なので、

その分食事の管理はしっかりと行いましょう。

 

また、嫉妬深い性格をしていますので、

いつでも愛情をかけて、

スキンシップもいっぱいとってあげましょう。

 

被毛が長いので、一日一回のブラッシングとコーミングを行ってください。

 

 

また、バーマンのかかりやすい病気として、

熱中症や毛球症、白内障などがあげられます。

 

特に熱中症は重篤になりやすいので、

風通しをよくしたり、エアコンで調整することが大切です。

 

 

毛を大量にのみこんで腸で詰まる毛球症は、

頻繁な掃除で防げますし、

白内障は進行性の病気ですが、

初期で気づけば点眼剤で進行を抑えられます。

 

普段からバーマンを観察しておき、

異常がみられたらすぐに動物病院に連れていくことが大切です。

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ