【夜中にケージで暴れる猫】遊びの欲求を満たすことがカギ!


【夜中にケージで暴れる猫】遊びの欲求を満たすことがカギ!

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

さっきまでおとなしくしていた猫が急にドタバタと暴れ出した。

猫を飼っている人ならこんな経験あるのではないでしょうか?

 

ケージでも室内でもどこでも暴れ回ります。

ガタガタ揺れるケージ、蹴り散らかされた室内、

飼い主さんはちょっとビックリですね!

 

今回は猫が夜中になると暴れ出す理由と対策をお話します。

スポンサーリンク

 

猫がゲージの中で夜中に暴れるのはなぜ?

猫が突然暴れ出すことを真空行動

夜中の運動会とも呼ばれています)といいます。

特に夜中が多いのですが、猫にとってはおなじみともいえる行動で、

決して異常なことではありません

 

もともと夜行性の猫は、昼間たっぷり寝てエネルギーを蓄えて

夜になると狩りに出かけていました。

多くの小動物たちが眠っている夜中に走り回って狩りをするのです。

 

家庭で飼われている猫の真空行動は、この狩猟習慣の名残です。

本能的に獲物を探そうとして、室内であろうとケージの中であろうと暴れ回ります。

 

飼われている猫は野生の猫のように

昼間寝て溜め込んだエネルギーを狩猟に使うことができませんので、

どこか発散するところが必要です。

それが夜の運動会となるわけです

 

猫を暴れないようにするためには、

エネルギーを溜め込んだ状態で夜を迎えなければいい

ということになります。

スポンサーリンク

猫が夜中に暴れないようするには!

では、夜中に暴れないようにするための対策をお話します。

持久力はない!

猫の動きを見ていると、運動能力の高さに圧倒されます。

高いところに身軽にジャンプして素早く走る、

その瞬発力は気持ちがいいほどで、

森のハンターとして獲物を捕って生活していたことに納得できます。

 

ですが、持久力はありません

狩りはその瞬間集中することが重要だからです。

 

猫が夜中に暴れないようにするためには、

昼間や寝る前にエネルギーを使えばいいのですが、

持久力はあまりないので、

短時間で猫の欲求を満たしてあげることが重要

といえます。

 

短時間の遊びで欲求を満たす

猫に運動させることは、

ストレス解消や肥満防止などの健康管理へとつながります。

 

特にケージで飼われている猫は運動不足になりがちですので、

飼い主さんはできるだけ運動させることを考えてあげなければなりません。

 

猫にとっては、遊ぶことが運動すること

になりますので、

適切な遊び量で対応してあげたいですね。

 

 

では、猫がエネルギーを溜め込まない状態で夜を迎えるには

どのように遊ばせてあげればいいのでしょうか。

 

 

猫の遊び方には「社会的遊び」「単独遊び」があります。

 

「社会的遊び」は、おもに兄弟や母猫とじゃれて遊ぶことですが、

飼い主さんが親になって遊んであげることで、

猫は精神的に安心感を得て落ち着くことができます。

 

「単独遊び」は、高いところに上ったり、おもちゃを

追いかけたりといった動きです。

それにより運動能力が向上し、ストレス発散へとつながります。

 

飼い主さんの生活リズムに合わせて遊ぶ時間を確保して毎日遊んであげれば、

猫はエネルギーを溜め込まないで睡眠につくことができます

 

両方の遊びを上手く取り入れて猫を満足させてあげましょう。

 

猫を遊ばせるときの注意点

猫を遊ばせるときに気を付けたいことをお話します。

 

遊び時間は飼い主が決める

肉食動物である猫は瞬発力に長けていますので、

2,30分の短時間でもしっかり運動量を確保で

きます。

飼い主さんの生活パターンに合わせて思いっきり遊ばせてあげましょう。

 

慣れるまでは猫もわがままをいうかもしれません。

猫が催促して鳴いても、猫の言いなりにならないようにしましょう

猫は鳴けば言うことを聞いてもらえると学習します。

はじめのうちは飼い主さんも辛いかもしれませんが、

猫のためにわがままに付き合わない意思も必要です

 

毎日のリズムが決まれば、猫も順応してきますので夜中の運動会もなくなります。

 

猫の怪我に注意

昼間留守番をしている猫の場合は特に単独遊びができるように、

ケージの中におもちゃを入れてあげましょう

 

ケージから出して遊ぶときも、一人で楽しめるようなキャットタワーや

高いところに上れるような工夫をしてあげると喜びます。

 

ただ、ケージの中で暴れたとき

どこかに挟まったりおもちゃに引っかかったりして

怪我をしないような注意が必要

です。

 

水の器がひっくり返された場合も留守番猫にとっては一大事です。

給水ボトルなどを利用して脱水を起こさないような配

慮も必要です。

 

猫を飼っている人であれば経験がある夜中の運動会は、

あくまで猫本来の生活習慣によるものです。

エネルギーを溜め込まないようにしてあげることが解決策です

 

毎日時間を決めて、猫と充実した遊びの時間を過ごしてください。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ