猫の鳴き声がおかしい時に疑うべき3つのこと


猫の鳴き声がおかしい時に疑うべき3つのこと

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

猫がおかしな声で鳴く時には、

「病気」「発情」等、

何等かの理由がある時です。

 

直ぐに治まる事もありますが、

放置しておくと、悪化する事があります。

 

今回は、

猫がおかしな声で鳴く時に疑うべき病気と状態をご紹介します。

スポンサーリンク

 

猫の鳴き声がおかしい時1つ目:猫風邪

猫の鳴き声が

かすれる」「ダミ声

と、思った時は、猫風邪を疑って下さい。

 

ここでは、猫風邪の主な2種類をご紹介します。

 

 

猫ウイルス性鼻気管炎(ねこういるすせいびきかんえん)

ヘルペスウイルス(※1)が原因により、

発症する猫風邪です。

 

子猫は母猫から移行抗体を貰って誕生します

これは生後2~3か月齢前後に消滅します

 

症状は、

鼻水」「くしゃみ」「」「発熱」「食欲低下

角膜炎(※2)」「結膜炎(※3)」等が、現れます。

 

【解説】

(※1)ヘルペスウイルスとは?

水ぶくれの原因となるウイルスです。

これが原因で、口角炎を発症する事もあります。

(※2)角膜炎(かくまくえん)とは?

角膜⦅目の表面を覆っている透明の膜⦆に、

「埃」「ウイルス」等が付着し、刺激する事で炎症を起こす病気です。

(※3)結膜炎(けつまくえん)とは?

結膜⦅「白目」と「瞼の裏側」を覆っている半透明の膜⦆が、

赤く充血し、炎症を起こす病気です。

 

スポンサーリンク

猫カリシウイルス感染症(ねこかりしういるすかんせんしょう)

カリシウイルス(※4)が原因により、

発症する病気です。

 

ヘルペスウイルス同様、

母猫の移行抗体が消滅すると同時に、

かかりやすくなる病気です。

 

症状は、

鼻水」「くしゃみ」「発熱」「食欲不振」等が、現れます。

 

 

【解説】

(※4)カリシウイルスとは?

呼吸器感染症の1つです。

悪化すると、

「舌」「口の中」に潰瘍ができ、

痛みから、「涎を垂らす」「口臭がきつい」等の症状が見られます。

更に悪化すると、

「軽度の肺炎」「多発性の関節炎」を起こす事があります。

 

 

猫の鳴き声がおかしい時2つ目:発情期

メスの場合、

「アオーン。」と、大きな声で鳴き、

遠くにいるオス猫にまで、

自分を知らせる為に鳴きます

 

また、

妊娠せずに発情期を終える猫は、

年4回、1回につき10日間前後、

この状態が続きます。
オスの場合、

メスの「鳴き声」や「フェロモンの香り」により、

刺激を受けます。

 

また、

思いを遂げられない場合、

感情的になり些細な事で攻撃をする様になります。

 

性別を問わず

イライラする」「攻撃的になる

部屋中をウロウロする」「脱走を試みる」等の、

状態が見られます。

 

また、発情のストレスから痩せる猫が殆どです。

 

不妊手術を終えた猫が、

この様な行動を取る事はありませんが、

「野良猫が多い」「未手術の猫が同居している」等、

環境や個人差によって、発情する猫もいます。

 

 

猫の鳴き声がおかしい時3つ目:尿路結石症

尿路結石症(にょうろけっせきしょう)とは、

腎臓から尿管」「膀胱」「尿道

これらの中の「いずれか」又は「全て」に、

結晶や結石ができる病気です。

 

 

結晶や結石は、

膀胱や尿道を傷付ける

栓となり尿の排せつを妨げる」事をします。

 

 

結晶や結石が出来てしまう原因は、

尿が「アルカリ性」又は「酸性」に傾いてしまう為です。

 

つまり、栄養バランスが崩れる事が最大の原因です。

 

 

尿路結石症は、オスが発症し易い病気です。

 

オスの尿道は、

細長い」上、「細かくカーブ」しており、「先端が細く」なっています。

 

その為、

1度結晶や結石が出来てしまうと

尿道に詰まり易くなってしまいます

 

 

特に尿道は痛みを感じやすい為、

結晶や結石が、排せつの度に傷付けていると、

激痛を伴います。

 

それにより、

「ギャオース!」「ギャ!」等、

苦痛な叫びを上げる事があります

 

尿路結石症を患っている場合、

血尿が出る為、併せてチェックしてみて下さい。

 

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ