【穏やかで我慢強い猫】ノルウェージャン・フォレストキャットの性格と特徴


【穏やかで我慢強い猫】ノルウェージャン・フォレストキャットの性格と特徴

neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回はノルウェージャン・フォレストキャットの性格とその特徴について、

説明します。

スポンサーリンク

 

ノルウェージャン・フォレストキャットの由来

ノルウェージャン・フォレストキャットのルーツは、とても古いです。

 

11世紀にバイキングがトルコにある

ビザンチン帝国から持ち込んだ

ターキッシュアンゴラの系統という説もあります。

 

原産はノルウェーのスカンジナビア半島を中心とした北ヨーロッパです。

とても寒い地域にも適応できる長毛種です。

 

ノルウェーでは、ノルウェージャン・フォレストキャットのことを

  • スコグカッテル“Skogkatter”
  • スコウカッテル“Skaukatter”

・・・と、呼んでいます。

 

第二次世界大戦の頃には、

絶滅の危機に瀕していましたが、

ブリーダー達が一念発起し、頭数を増やして世界中に広まりました。

 

公認されたのは、1993年のことでまだ新しい品種です。

 

アメリカでは品種名が長いことから、

ウィージーの愛称で呼ばれています。

スポンサーリンク

ノルウェージャン・フォレストキャットの特徴

ノルウェージャン・フォレストキャットの特徴は、

その被毛にあります。

 

長毛なので見た目がとても優雅に見えるのもさることながら、

機能性も備えており。

 

防水性の高いカバーコートと、

量が多く空気を含みやすい

保温性抜群のアンダーコートのダブルコートになります。

 

体格はがっしりしていて大きいので、

平均的な猫よりも大きくなる傾向にあります。

 

ノルウェージャン・フォレストキャットの性格

ノルウェージャン・フォレストキャット性格ですが、

とても穏やかな性格をしており、我慢強いことでもしられます。

 

あまり鳴きませんし、人見知りもせず、

先住猫にも打ち解けやすい性格をしているので、

とても飼いやすい種類です。

 

また、とても運動量が多くて、好奇心旺盛です。

 

ノルウェージャン・フォレストキャット平均寿命ですが、

11~14歳とされています。

 

一般的な猫は15歳が平均とされていますので、

少し短いようですが、

飼い方次第でこれ以上生きることは十分可能です。

 

ノルウェージャン・フォレストキャットを飼う際の注意点

ノルウェージャン・フォレストキャットは長毛種ですので、

被毛を綺麗に保つために毎日のブラッシングや、

定期的にシャンプーすることが必要になります。

 

特に、春から夏にかけては抜け毛が多くなるので、

ブラッシングの回数を増やし、しっかりと行いましょう。

 

 

毛を大量に飲み込んで腸で詰まってしまう毛球症になると、

手術で取り出さないといけない事態にもなってきます。

 

そうなると猫自体に、とても大きなダメージとストレスを

与えてしまうことになりますので、注意しましょう。

 

 

その他にも、運動量が多く、好奇心旺盛ですので

いたずらっ子な一面も持っています。

 

傷つけられたくない家具などは、

事前に保護をするなどの対策をとっておきましょう。

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ