【天然パーマで愛情深い猫】コーニッシュレックスの性格と特徴


【天然パーマで愛情深い猫】コーニッシュレックスの性格と特徴

neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回はコーニッシュレックスの性格とその特徴について、

説明します。

スポンサーリンク

 

コーニッシュレックスの由来

コーニッシュレックスのルーツは、

1950年にイギリスのコーンウォールという場所で生まれた

突然変異の子猫が起源です。

 

エニズモア家という農家をしていた家庭で

飼われていた一匹の短毛猫、

セレーナが産んだ子猫の被毛がとても変わっていました。

 

その猫の被毛は、全身が巻き毛で覆われていました。

 

最初は、カリバンカーと名付けられた子猫が、品種改良に使われました。

 

バーミーズという品種の猫と交配し、

またシャム猫、オリエンタルなどとの交配も進み、

1967年に現在のコーニッシュレックスの姿に完成されました。

 

コーニッシュレックスの名前の由来である“レックス”は、

巻き毛のウサギで有名な

「アストレックスラビット」から来ています。

 

ちなみに、このウサギも、突然変異の個体です。

スポンサーリンク

コーニッシュレックスの特徴

 

コーニッシュレックスの特徴は、

なんといってもその縮れ毛です。

 

その縮れ毛は「天然パーマ」ともいわれています。

コーニッシュレックスには、

外側の毛がなく、アンダーコートのみになります。

 

短い被毛がびっしりと生えていて、とても手触りがいいです。

 

しかし外側の毛がないので、寒さに弱く、暖かい場所を好みます。

 

コーニッシュレックスの顔の特徴は、

縦長の卵型で、大きな耳、目は大きな楕円形をしています。

 

身体能力が抜群で俊敏、ジャンプ力にも優れています。

腰にはくびれもあり、スタイルがとてもいいです。

 

コーニッシュレックスの性格

コーニッシュレックス性格は、

人見知りをしないため、新しい環境にとても順応しやすいです。

 

 

とても人懐こく愛情深い一面も持っていて、

そのため、飼い主にもよく慣れるのが特徴です。

 

体重は平均的な猫よりも軽く、大きくならない種類です。

 

コーニッシュレックスを飼う際の注意点

コーニッシュレックスは、特徴的な被毛をしています。

 

ブラッシングについては、

コーニッシュレックスの被毛がアンダーコートのみなので、

短い上に柔らかいです。

 

そのため、ブラッシングは2日に1回程度でも問題ありません。

 

しかし、皮脂の分泌が多めなので、

定期的に濡らしたタオルなどで全身を拭いてあげたり、

シャワーなどで洗ったりなどのケアをしてあげることが望ましいです。

 

 

また、運動量が多い種類ですので、

キャットタワーなど運動できるものを用意してあげて運動させましょう。

もし、運動できないとストレスになりやすいです。

 

 

その他にも、コーニッシュレックスの

かかりやすい病気としては、皮膚疾患です。

 

この皮膚疾患は、

フケ状の粉がでたり、発疹がでたりします。

 

そのため「皮膚にトラブルがないか?」

普段から注意して見ておきましょう。

もし、異常が出たらすぐに動物病院に行き、診てもらいましょう。

 

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ