【猫のお留守番】居心地のいいケージなら長時間でも大丈夫!



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

出張や旅行でどうしても家を空けなければならないとき、

猫を長時間ケージ入れておいて大丈夫だろうか

ペットホテルに預けた方がいいのだろうか

などと悩んだことはありませんか?

 

飼い主さんが安心して出かけられるように、

ケージで長時間、快適に過ごす方法をお話します。

スポンサーリンク

 

猫の留守番はケージ?それともペットホテル?

まず、家のケージとペットホテルそれぞれの特徴を見ていきましょう。

 

家のケージで留守番

いつも生活している家は猫にとっては安心の場です。

ケージの中なら、危険なものをかじったり、

誤飲したりといった事故の心配もありません

 

その反面、長時間の留守番になりますので、

餌やトイレの問題から、急な異変に気付くことができないというリスクがあります。

 

ペットホテルに預ける

ペットホテルに預ける場合は、

餌やトイレの世話から、室温管理や猫の様子などまで

しっかり見てもらえるので安心できます

 

ですが、猫にとっては場所が変わることや、

ほかの動物たちの存在などによるストレスも考えられます。

そして料金がかかります

料金はケージの広さや時期、また各ホテルでの設定によっても異なりますが、

標準的には、一泊3,000円~4,000円くらいといったところでしょうか。

 

どちらを選ぶか悩むところだと思いますが、

もし家のケージで留守番できるのなら、

知らないとことに預けられるよりストレスは少ないかもしれません。

 

猫をペットホテルに預けた方がいい場合

知らないところに預けられてストレスが溜まるといっても、

状況によってはペットホテルに預けた方がいい場合もあります。

 

家を空ける日数が3日を超えるとき

猫を留守番させる日数の限度は3日位と考えていいのではないでしょうか。

餌や水もあまり長く置くことは衛生上問題がありますし、トイレも心配です。

神経質な猫だと一つのトイレで何回も用を足しませんので、

トイレ以外の場所が汚れたり、我慢したりと、

衛生上や健康上へのリスクも出てきます。

 

また、一人っきりの時間があまり長いとストレスにもつながります。

 

子猫の場合

子猫はまだ体力がありませんので、

小さな異変でも対処が遅れると命にかかわります

 

子猫のほかにも高齢猫病弱な猫もできるだけペットホテルに預けた方が安心です。

 

極端な気温の季節のとき

特に最近の夏は気温が上昇しています。

暑いところに長時間いると熱中症になって脱水を起こすことがあります。

また地域によっては冬の気温がかなり低いところもありますので、

室温が安定したペットホテルの方が体調を崩しにくいといえます。

 

猫の健康を第一に考えて、そのときの状況によって判断しましょう。

スポンサーリンク

居心地のいいケージで猫に快適に留守番してもらおう!

家のケージで無理なくできる留守番が、

猫にとっては一番ストレスがかからないといえますが、

どのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

 

水や餌

家を空ける日数分より少し多めに用意してあげた方が安心です。

餌は一度に多く食べてしまう猫の場合は、自動給餌器をおすすめします。

傷みにくいことからドライフードが安心ですね。

録音機能がある自動給餌器もありますので、

飼い主さんの声を聞くことができれば猫も安心できるかもしれません。

 

水はこぼしてなくなることが一番不安ですので、

自動給水器ケージに取り付ける給水ボトルのようなものがおすすめです。

 

トイレ

トイレは、もしケージに入るようでしたら

2つくらい入れてあげたいですね。

一つは猫用のトイレでなくても、少し小さい箱型のもので、

しみない材質であれば大丈夫です。

 

トイレの砂は用を足した後たっぷりかけられるように

多めに入れてあげてください

 

季節による室温に注意

気温対策はとても重要です。

長い間冷暖房などのつけっ放しは心配だと思いますので、

季節によってケージの場所を考え、気候に合ったグッズを置いてあげましょう。

おもちゃ

猫が気分転換をはかれるようなおもちゃを置いてあげます。

普段いろいろ試してみて、

猫が好きなものをみつくろってあげましょう。

 

本番前に練習する

あまりケージに慣れていない猫の場合は、

特に急な環境の変化がストレスになります

 

前もって練習しておいた方がいいかもしれません。

また、心配な飼い主さんは、webカメラを設置してもいいですね。

 

猫にケージで快適に留守番をしてもらうには、

居心地のいい環境を作ってあげることが大事です。

 

 

猫はもともとマイペースな動物。

お気に入りのケージなら、

のんびり気ままに飼い主さんが帰ってくることを待っていてくれるでしょう。

帰ったらたくさん褒めて、たっぷり遊んであげてください

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ