嫌われているワケじゃない!?猫が目を合わせない意外な理由



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

『猫とはいい関係にあるはずなのに、

目が合うとプイッと逸らされる……』

そんな経験はありませんか?

 

実は、猫のコミュニケーションの取り方は人間のものとは大きく違い、

猫が目を合わせないからといって、

猫に嫌われているというわけではないのです。

 

今回は、猫が目を合わせてくれない意外な理由について解説するとともに、

猫が行うアイコンタクトについても紹介していきます。

スポンサーリンク

 

猫が目を合わせないのは“敵意がない”というサイン

猫との関係は良好なのに、目が合うとプイッと視線を逸らされる……

そんなとき、「もしかして嫌われているのかも?」と

不安になるかもしれませんが、

実際のところ、特に心配する必要はありません。

 

なぜかというと、猫が目を逸らすのは「敵意がない」という

意思表示であり、むしろ友好的な態度であると言えるからです。

 

 

そもそも、猫の社会において目を合わせるのは、

いわば「喧嘩上等」の意。

 

縄張りや繁殖の相手などを巡って対立が起こったとき、

猫は相手と目を合わせることで戦う意志を表明し、

喧嘩という実力行使によって勝負を決めます。

 

そのため、猫同士は特別な理由がない限り目を合わせず、

無用な争いを避ける傾向にあるのです。

 

飼い主の方もこのルールに合わせ、

猫の目をあまり見つめないようにすることで、

猫を不必要な緊張状態から解放することが出来るでしょう。

スポンサーリンク

猫のアイコンタクトを理解するには

本来はあまり他者と目を合わせることのない猫ですが、

飼い猫として人間との付き合い方を覚えると、

目を合わせてコミュニケーションを取るようになることがあります。

 

たとえば、猫が飼い主を見つめ、ゆっくりと目を細めるのは

「信頼」や「安心感」といったポジティブな気持ちを

表現していると言われています。

 

また、飼い主をじーっと注視することで

「ゴハンが欲しいよ」「トイレが汚れているからキレイにして」

といった要求を訴えることも。

 

さらに、それほど明確な意思はなくても、

何となく「遊んでほしい」「甘えさせてほしい」と感じたときに、

猫が飼い主を見つめることも多くあるようです。

 

普段から猫のしぐさをよく観察し、深い関わりを持つことで、

その猫特有の感情表現を理解することが可能になります。

 

猫のアイコンタクト……飼い主はどう接すればいいの?

猫の独特なアイコンタクトに対し、

飼い主はどのように反応すればよいのでしょうか?

最後に、飼い主が取るべき対応について解説していきます。

 

猫が目を合わせるのを嫌がるときは、

飼い主も無理に目を合わせようとせず

猫のルールに則って敵意がないことを表明しましょう。

 

特に、まだ懐いていない猫が相手の場合には、

強引に目を合わせると敵意があると誤解され、

ますます警戒されてしまう可能性も。

 

また、猫のほうからじっと見つめてくるときは、

食事や水、トイレの掃除など、猫が何を求めているか確認し、

必要があれば要望に応えるようにしてください。

 

猫の「甘えたい」「遊んでほしい」といったサインも見逃さず、

適切に構ってあげることで、さらに絆を深めることが出来るでしょう。

 

 

人間のものとはまったく違う、猫のアイコンタクト。

猫が目を合わせるとき・合わせないときの気持ちをよく理解して、

場に合ったコミュニケーションを取るようにしてくださいね。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ